解体作業後に発生する瓦礫を再利用しよう

瓦礫の再利用を行なう

ウーマン

建物の解体では

新しく建築を行なう場合には、そこにある建物や障害物を解体する必要があります。解体後には瓦礫として残ってしまうのですが、ふるい機を使って分別を行い、使えるものは再利用しましょう。

瓦礫の素材を細かくする

ふるい機によって分別された瓦礫を粉砕機などで細かくすれば、道路工事にも利用できる基礎素材に生まれ変わることもできます。この作業は元々建造物だったものを再利用しているため、環境に優しい取り組みとも言えますね。

処理場での再利用

工事現場で出た廃棄物は処理場に持っていくことが多いでしょう。処理場によって異なりますが埋め立てを行なって処理することもあります。ここでふるい機を持っていれば使える素材だけを分別して再利用出来るため利益を生むことも出来るのです。

貴重な資源を含んでいる

瓦礫の中には貴重な資源を含んだ物もあります。これを知らずに処理してしまうと利益になり得たものを捨ててしまうことになります。ふるい機を導入することで資源を無駄にしないように出来るのです。

人気のあるふるい機のタイプランキング

no.1

一番人気の粗粒除去タイプ

ふるい機で一番人気があるタイプは、ふるいにかけた素材から粗粒を除去するタイプの粗粒除去が人気がありました。土壌づくりや工事現場、研究施設などの多くの場所でこのタイプは活躍しています。

no.2

サイジングタイプのふるい機

サイジングとはふるい機の中に入れた素材から決められたサイズだけを分別するためのタイプになっています。そのため塗料を扱う工場や、食品を扱う工場などで利用されている傾向があり、精度も高いので人気があります。

no.3

粗粒除去よりももっと細かく

粗粒除去よりも細かく除去する力をもった粉抜きふるい機は、異物混入などを発見するために使用されています。研究施設ではこのふるい機を用いて成分を分別することもあるので大きな役割を担っています。

no.4

高精度タイプ

ふるい機で重要な分散、撹拌、成層の条件を満たしてくれるものは高精度でふるい分けを行なってくれます。サイズも大型から小型まであるので需要に合わせやすいということから評判がいいです。

no.5

円型振動ふるい機

工場や施設で見ることの多い円型振動ふるい機は上下と水平の振動で細かな粒子を持つ素材の分別が可能になっています。円型振動ふるい機は小型になっているものが多いので、設置場所にも困らないとされています。

様々なふるい機の紹介

工事現場

特殊機器である残土ふるい機

残土ふるい機は工事現場や農場でよく利用されています。土の中に含まれる細かな石などを分ける事が出来るこのふるい機は使える残土を分け再利用出来るようにしてくれるのです。

READ MORE
ウーマン

瓦礫の再利用を行なう

解体後に発生する瓦礫を廃棄物として処理する業者も複数います。しかしふるい機を導入しておけば、瓦礫から資源を入手することもできるので利益になる可能性もあるのです。

READ MORE
男性

高精度な分別を可能に

土から石や岩などを分別する残土ふるい機よりももっと細かく分別できるふるい機があります。こうしたふるい機は研究所や食品工場、化粧品開発工場などで多く利用されています。

READ MORE
広告募集中